東京・清澄白河のデザイン事務所

私たちのこと

はじめまして。しなやかデザインです。
このページでは私たちの得意分野、デザインに対する考え方などをご紹介します。

ウェブ制作

ウェブサイトの企画・設計・デザインから、HTMLコーディング・CMS(WordPress)実装まで一貫して制作します。コーポレートサイト、ブランドサイト、ウェブメディアなど様々な形態のウェブサイトに対応。企業やブランドの世界観を過剰な装飾は用いずシンプルなデザインに落とし込むことを得意としています。

ウェブの制作実績一覧へ

VI/ロゴデザイン

企業、ブランドなどの各種VI(ビジュアルアイデンティティ)/ロゴをデザインしています。お客様へのヒアリング、競合やポジショニング検討、コンセプト策定などを行い、適切なデザインを提案いたします。コンセプトや意味を形に落とし込むデザインを得意としています。

VI/ロゴの制作実績一覧へ

グラフィックデザイン

名刺やショップカードなどの小型グラフィック、冊子やパンフレット、チラシ/ポスターなどの印刷物をデザインします。また店舗や施設などのサイン計画や看板など空間を演出するグラフィックもデザインしています。VI/ロゴのデザインと合わせて制作することで、統一されたイメージの展開を得意としています。

グラフィックデザインの制作実績一覧へ

ブランディング

企業やプロジェクトに長期的に関わり、その価値や魅力を言葉やデザインを用いて表現します。統一されたイメージをロゴ、グラフィック、ウェブへ展開することで、ブランドの価値を一貫して伝えることが可能です。

ブランディングの事例一覧へ

デザインについて

デザインは道具です。
生活を良くしたい、誰かに何かを伝えたい、前に進むための課題を見つけたい、などなど。デザインを使うことでその目的の達成に近づくことができます。それはデザインの正しい使い方で、世の中をポジティブに変えていきます。 しかし、デザインは逆の目的にも使えます。誰かを騙したい、人の邪魔をしたい、などなど。デザインは世の中をネガティブな方向に変化させることもできます。
世の中に良い影響を与えることも、その逆もできてしまう。だからこそ私たちはひとつひとつの仕事が世の中をポジティブに変えると信じ、目的や内容に共感してデザインをしたいと思っています。それが、私たちに仕事を依頼してくれるお客さまにも、それを受け取る世の中にとっても、良い結果をもたらすことになると考えデザインに取り組んでいます。

また、デザインは人の生活環境をつくることでもあります。
毎日触れるスマホの中のウェブサイト、どこかで手にとった冊子、立ち寄ったお店の看板など。
それぞれの環境で人が気持ちよく過ごせるよう、その景色の一部であるあれこれを美しくつくることもデザイナーの仕事です。近年はデザインについて理解が広がり「デザインとはただの飾り付けやスタイリングではない」という認識が多くの人に共有され始めています。もちろんそれはとても素晴らしいことです。けれども、デザインの機能性や考え方が支持される一方、「ものを美しくつくる」という側面はなおざりになっている場面も散見されます。確かに「美しい」という感覚は主観的で個人の趣味に過ぎないとも言えます。だからと言ってその部分を切り捨ててしまうことは、デザイナーとしての責任放棄だとも思うのです。仮に主観的だとしても私たちはその主観で(もちろん客観的な視点も持ちながら)考え抜いた「美しさ」と「機能性」を両立できるデザインを目指し生活環境をつくっていきたいと考えています。

プロフィール

しなやかデザイン 藤原 達
1982年千葉県千葉市生まれ。武蔵野美術大学基礎デザイン学科でデザインを学び、卒業後、ウェブ制作会社、システム開発会社に勤務。2012年より独立、フリーランスに。清澄白河を拠点に、東京 / 千葉 / 神奈川を主として活動。近年は静岡 / 愛媛 / 新潟など関東以外の地域からのご相談もいただいています。

受賞・掲載

  • タイポグラフィ年鑑2019入選
  • タイポグラフィ年鑑2018入選
  • Webデザイン良質見本帳 目的別に探せて、すぐに使えるアイデア集(SBクリエイティブ)掲載
  • タイポグラフィ年鑑2017入選
  • 千葉市都市文化賞2016入選
  • Webデザイン 仕事で役立つ54のアイデア(MdN)寄稿